草津温泉でワーケーションをコワーキング草津

http://kusatsu.space/wp-content/uploads/2023/06/image4.jpg

草津温泉に貸し会議室はある?利用するうえでのポイントも解説

公開日:  / 最終更新日:

開発合宿や社員研修を草津温泉のような観光温泉地で行いたい!合宿や研修形式でのワーケーションに必須の貸し会議室の選び方や、草津温泉で実際に利用できる貸し会議室をご紹介していきます。

開発合宿や社員研修を草津温泉のような観光温泉地で行いたい!
クリエイティブなアイデアが生まれる、チームの結束力が上がる、結果的に目標達成の確率が高まる等として人気のワーケーションですが、意外と苦労するのが仕事環境の確保です。せっかく草津温泉まで赴いたのに、快適に仕事ができなかったという事態は何としても避けたいですよね。

そこで今回は、合宿や研修形式でのワーケーションに必須の貸し会議室の選び方や、草津温泉で実際に利用できる貸し会議室をご紹介していきます。

観光地で貸し 会議室の需要が高まる!その理由

コロナ禍で働き方を見直したという方は多いのではないでしょうか? 日本の労働・雇用環境は長らく都市部一極集中型でしたが、コロナ禍でリモートワークが瞬く間に浸透し、ITの進化でオンラインでの仕事が快適にできるようになりました。その際生じた「地方で働く」という流れは、今でも人気のムーブメントになっています。

「地方で働く」といっても、何も地方に移住するだけがその選択肢ではありません。普段は都市部で働いていたり、リモートワーク等でバラバラに働いていたり。そんなメンバーが地方の観光地に一堂に会し、ワーケーションの形で開発合宿や社員研修を行うことも、「地方で働く」選択肢のひとつです。

その効果はコミュニケーションが活性化される、組織の結束力が向上する、結果目標達成の確率があがる等、効果的に実施できれば素晴らしい効果があることが知られています。チームメンバーが集まってのワーケーションには、チームビルディングの観点からも様々なメリットがあるのです。

結果、観光地では貸し会議室の需要が急上昇しています。特に草津温泉のような観光温泉地では、もともとビジネスを前提とした設備が多くありません。目的に合った快適な貸し会議室を押さえられるよう、貸し会議室の選び方のポイントと実際に草津温泉で利用できる貸し会議室をご紹介していきます。

担当者必見!貸し会議室の選び方

いざ手配するとなると、意外と選ぶポイントが分からないことも多い貸し会議室。集まるメンバーの人数や特性、目的や得たい成果によって選ぶべき貸し会議室は異なります。ここではまず、貸し会議室の選び方を見ていきましょう。

広さ&キャパシティ

まずは人数に合った広さがあるかどうかは必ずチェックしましょう。もちろん狭すぎてメンバーが入り切らなかったという事態は必ず回避したいところですが、広すぎても気分が落ち着かないものです。

また、その貸し会議室で何をしたいのかも大切なポイント。勉強会や座学の研修ならばメンバーが落ち着いて座れるスペースがあれば問題ありません。資料を広げて共同作業をしたい場合や席を立っての移動を伴うオリエンテーション等を行いたい場合は、ある程度ゆとりがある広さが欲しくなりますね。

今一度、貸し会議室を利用する当日の動きをシミュレーションしてみると、狭すぎず広すぎない快適な貸し会議室のイメージがつかめるようになるでしょう。

予算はどれくらい?料金設定

地方でのワーケーションには貸し会議室の確保以外にも様々な費用がかかります。貸し会議室確保に当てられる予算が明確になっていない場合は、この機会に確認をしてみましょう。

料金は貸し会議室のグレードや広さ、利用時間等によって異なります。安ければ安いほど良いというわけでもなく、値段だけで比較すると高く思える貸し会議室であっても、設備次第では自分たちで用意・持ち込みする手間が省けて結果的にコストパフォーマンスが良かったというパターンもあり得ます。

単純な料金比較というよりは、貸し会議室の利用目的に合わせた費用対効果で検討すると、満足度の高い貸し会議室選びができるでしょう。

設備をチェック

地方で開発合宿や社員研修を行うならば、必ず得たい成果や目的がありますよね。目的達成のために一番重要視したいのが、貸し会議室の設備です。項目別にご紹介しますので、優先度の高い設備が整っているかどうか、チェックしてみましょう。

<高速Wi-Fi>
特に開発合宿では欠かせない項目です。貸し会議室のHPにWi-Fi完備と書かれていても、その速度にまでは言及されていないことが多いものです。可能であれば、口コミを調べてみたり、直接どの程度の負荷に耐えられるのか問い合わせてみたりしても良いでしょう。

<机と椅子>
長丁場の座学やPC作業が見込まれる場合、身体に負担のかからない机と椅子があるかどうかも必ず確認しましょう。宿泊予定の旅館の大部屋を使えば良いと思われるかもしれませんが、旅館の机や椅子は座学やPC作業を前提とした作りではないため、おすすめできません。

数は少ないですが、貸し会議室によってはスタンディングデスクや立って作業が出来るカウンターを用意している貸し会議室もあります。開発合宿のような長時間のPC作業が見込まれる場合には、腰や肩の負担が軽減でき、メンバーにかなり喜ばれるでしょう。

<電源・充電設備>
特にPC作業を伴う場合には、電源が豊富にあるかどうかもチェックしたいポイントです。万が一、電源が遠かったり数が少なかったりしたときのために延長コードは必ず持って行きたいアイテムです。貸し会議室によっては延長コードが備え付けられている場合もあります。細かいポイントですが、必ずチェックしておきましょう。

また、草津温泉のような観光温泉地にワーケーションで訪れる場合、仕事の前後や合間に観光を楽しむシチュエーションもあることと思います。その際にスマートフォンの充電が心許ないものになってしまったら、せっかくの草津温泉が楽しみきれませんよね。いざ街中で充電スポットを探そうとしても、すぐには見つからないことも多いものです。

そんな時のために、貸し会議室でスマートフォンを充電できると助かります。延長コードと併せて、充電ケーブルの貸し出しや充電スポットがあるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

なお、こちらのページで草津温泉の電源及びWi-Fiが利用できるスポットをまとめていますので、是非こちらもご参照下さい。
草津温泉の「Wi-Fi」「電源」スポットまとめ

<ドリンク類>
気分転換や作業効率アップ、メンバーの満足度向上のために欠かせないのがドリンク類です。無料でホットコーヒーやお茶を飲める設備があれば、喜ばれることは間違いありません。カフェコーナーがない場合でも、自動販売機があるかどうかはチェックしておきたいポイントですね。

草津温泉のような地方の観光地ですと、何か飲みたいと思っても最寄りのコンビニまでは車の距離になってしまうことも少なくありませんし、冬場は積雪を伴うことがあります。都内に比べてかなり冷え込む草津温泉ですので、温かい飲み物が手軽に手に入る環境は是非整えておきたいところですね。

<個室ブース>
一般的な貸し会議室だと難しいかもしれませんが、コワーキングスペースであれば用意されていることが多い個室ブース。集中して黙々と作業したい場合や、オンラインでの打ち合わせをしたい場合に重宝します。
絶対になくても大丈夫ですが、あるとかなり便利に感じますので、個室ブースがある貸し会議室は積極的に検討してみるのがおすすめです。

その他、トイレの位置や数、プロジェクター等の機材の有無、空調、近隣の飲食店やコンビニの有無等、設備に関しては挙げればきりがありません。全てを満たす貸し会議室を確保することは難しい場合もあるかもしれませんね。その場合は妥協できないポイントや優先順位を考え、どうしても手に入らないものに関しては自分たちで用意し、当日の進行や作業がスムーズに進むよう準備をしておくと良いでしょう。

内装と雰囲気も重要な要素

最後に、意外と生産性に大きく関わるのが、内装や雰囲気です。やはり新しい貸し会議室や、殺風景ではない貸し会議室は気分が上がりますよね。可能であれば、心地よく過ごせる貸し会議室を選んでみましょう。

特に地方の観光温泉地では老朽化が進んでいる建物も少なくありません。もちろん築年数が経っていると雰囲気が悪いということではありませんが、念のため写真や口コミで確認しておくと安心です。

草津温泉で利用できる貸し 会議室

最後に、草津温泉で利用できる貸し会議室をご紹介します。

ホテル櫻井
コンベンションホールという形で、最大200名収容可能な大会場から、30名~50名収容可能な中会場が用意されています。会議はもちろん、ステージショーや婚礼イベント等にも対応可能です。机や椅子の配置を目的に合わせて自由にセッティングできるところが魅力です。

ホテル「一井」
 草津温泉のシンボルである「湯畑」に最も近く位置する立地が魅力。会議室は西館に「白根の間」として3部屋あり、最大40名程度収容できる壱番、20名程度収容できる弐番と参番があります。各部屋の仕切りを抜いて繋げて利用することも可能です。

役場庁舎の会議室
草津市の役場庁舎の会議室も借りることが出来ます。収容人数9名~270名まで様々な広さの会議室が20部屋あり、和室や調理室も用意されているので、目的に応じて使い分けられます。予約申し込みから14日以内に市民総合交流センター(キラリエ草津)の窓口で使用料を支払わなければならないので注意が必要です。詳細は草津市のHPをご確認ください。

まとめ

以上、貸し会議室の選び方と草津温泉で実際に利用できる貸し会議室をご紹介しました。
貸し会議室の選び方はたくさんポイントをご紹介しましたが、是非目的や優先順位に沿って、検討してみてくださいね。

冒頭でも触れたように、草津温泉にはもともとビジネス目的の施設が少ない上に、ワーケーションの活性化で貸し会議室の需要が高まっています。もし理想とする貸し会議室が見つからないならば、草津温泉唯一のコワーキングスペースである「草津温泉コワーキング」を是非ご検討してみてはいかがでしょうか? 2023年12月オープンで新しく、個室ブースや会議室、温泉地らしい掘りごたつなど、クリエイティブで生産性高い時間が過ごせる環境が整っています。「湯畑」から徒歩5分とアクセスも良く、近隣には日帰り入浴施設等が揃っていますよ。

是非、日本一の湯量を誇る名湯の地で、素晴らしいワーケーションをご体験ください!

コラム